ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
ペンデュラム・ダウジングツール専門店 ニキルジェムズ®JAPAN 
 
ホーム◆ゆるゆる日記はこちら♪
◆ゆるゆる日記はこちら♪
◆ゆるゆる日記はこちら♪:738
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 37 次のページ»
2017年05月17日

美女と野獣を見てきました。

美しい音楽はいいですね。
2017年05月06日
先般の休日は、ほんのひと時
贅沢でほっとする時間を過ごした。

ゆっくりと時間が流れる中に身を置くことも大切だと思った。





●立派なご門です。





●木々の中を歩くのはやっぱり気持ちがいい。





●このお家から見下ろす眺望もまた素晴らしかったです。





●英国のトップダウザー アースエナジーダウジングのスペシャリストの

グラム・ガードナーも絶賛するドラゴンラインがある、粟が岳の磐座。

ぜひ、訪れてみてください。

2017年02月07日
4月に倉敷市でエナジーダウジングワークショップを主催してくださるヒーリングショップ、Sisiさんのショップをダウジングでエネルギーチェックをしてみました。
6年かけて作ったベストポジションとのオーナーの松山さんのコメントでしたが、確かに合理的な配置がありました。





中央にある水脈はとても浅いところにあり、特にどうという悪影響はありませんが区切る役目があると思います。

バウダリープリンシプルにより、左から右下にエネルギーが慣れこみますが、アメシストのカペーラでコレクション(修正・適正化)してあり、良いエネルギーが来ています。そして、それが、クライアントの座る場所に向かうのです。そして、クライアントは、EQ3のエネルギーサークルの中、つまり生産的なエネルギーにいますから前向きな状態になります。新たなことを作り出すエネルギーですね。
カウンセラーはポジティブレイを受け、エネルギーが最大限になります。ここにクライアントを置くといいようですが弱ったり悩んだりしている人がこれを受けたらたまったものではなりませんので、ヒーラーが受け取り、そのうえでクライアントに調整して適切に与えるのが良いでしょう。なので、カウンセリングが終わった後、エネルギーが上がったらここにクライアントを立たせてワンドやペンデュラムでヒーリングするとよいでしょう。

店に着くなり、お客様がいたので、ここに座ってと言われた場所が、カリーノットの上だったのですね。。僕は落ち着きなくそこをずらして、床に膝まずいていた、、(笑)
まぁ、実際たいしたことはないんですが、、


あとは、あえていえば、右の机のエネルギーをさらに上げるといいかもしれませんね。あるいは、そう、朝、四隅とセンターをえなじゃいずするだけで、さらに完璧になりますね。やってみてください。

★Sisiさん主催のダウジングワークショップのページはこちら

http://www.porto-healing.com/product/5982

●講座が行われる会場の写真



●会場の横の倉敷美観地区の街並み、、素敵です。


2017年01月26日
1月21日に行われましたワークショップ

たくさんの方にお集まりいただき、大変ありがとうございました。
2016年11月25日
指鬘物語を読ませていただいている。

自然な言葉が連続する中で、生きていることの良さが響いてくるような気がした。

どういうのだろう、こういう世界。

考えたり努力してかける文章ではないよね。


最近分かりやすい、
この愛犬ティオのいうことが本当によくわかる。

こんな風に無邪気であることは大事だろけど

邪気まみれの中で無邪気ばかりではやられるかもしれない。

だから、思いっきり無邪気でいる必要があるかもしれない。

2016年11月24日
居場所探しをしている人にあった。

居場所を探している、いや、そこが居場所だと思ったのか?

でも、どうにもこうにも居場所がなくて、そこにいるような気もした。


2016年11月22日
ある一定の年齢になり、
経理のような場所からいきなり専門的な製品の
営業周りを命じられた中高年の営業マンと一緒に仕事をすることがあった。

若いとき、メーカーの営業マンをしていたころ。

なんというか、血気盛んな頃でしたので、
当然中高年になって部署替えされてあたふたしている彼を
そう、少し見下すような気持ちがあったような気がする。

仕事はできるかできないかといえば、出来ない部類にされてしまうような感じだったから。

しかし、

彼は哲学科を卒業したんだと聞いて、
ぽそっとそれでいて、自身がしっかりある口調で
また、なんとも控えめに
「私がこの世の中に存在しているのは、その理由があるからだと思うのです」
といった。

彼の口から自信ありげな言葉を聞いたのはそれが最初で最後だけど。

それだけに何十年してもその言葉が忘れられなくて。


そのときは

何を言っているんだ、馬鹿らしい。もっと売ってくれよ、とおもった。

が、時間がたつほど重みを増して、いや、本当にそうなのだろう。
と思い出し、あの時実際たくさん売った人も、あんなにやり取りした人も
今や全くやり取りもなく、人の会社のものを人の会社に売っただけで
それは、僕らが売ったことになんてなっていないし、
もう何の意味もない。誰も覚えちゃいない。
でかい納品決めたと自信満々で言っていたやつら、その業績
誰も覚えちゃいない。
意味なんかない。

しかし、彼の思いはよっぽど意味がある。ぼくは忘れないんだから。

あなたはあなたの、あなただけの意味がある。

それだけで、生きている価値がある。すばらしいことかもしれない。
2016年11月19日



書泉グランデでのイベント(講演会&サイン会)が行われました。


たくさんの皆さんにお集まりいただき、大変ありがとうございました。お話したことの補足説明をしますので、ご興味ある方はご覧ください。





●ダウジングは、動物が生きるために必要な感覚、それを発展させて、健康や生活や幸福のために使ってきたものだと思います。
それが発端です。

食べ物を探す、水を探す、心地よい住処を探す、危険を回避する、五感も駆使してそれらをしますが、第六感というものも動物や人は使います。
人は最近第六感も下手をしたら五感も使うことが減っているかもしれません。
例えば食べ物が食べられるかどうか(賞味期限内どうか)を、匂いをかいだり、見た目でその判断を昔はしたでしょうけど、いまは、表記の賞味期限を見ると思います。

●ダウジングでロト6を当てるにはどうしたらよいか?という質問が以前は多く来ました。
ダウジングを幸福のために使うということを、するべき努力をせずに我欲を達成したいという望みに拡大しているわけです。ある意味、過去に行われた、金銀財宝のダウジングもその類といえるのかもしれません。日本では、山師というものがいました。山師というと詐欺師のような意味合いも持ちますが、金や銀を探し出す人たち、まさに、前述の五感や知識を駆使しましたが、プラスアルファの第六感もつかっていたことでしょう。

●ダウジングをどうやるか?という話の前に、ダウジングで何をするか?ということが大きい問題になります。
道を教えてほしい、出来れば近道を教えてほしいという「方法論」を探す前に、
どこに行きたいかの「目的地」を決める必要があります。
目的地が決まっていないのに、道を探しても見つからない。
(ただし、どの道を歩くべきかをダウジングしていきながら、目的地に着くという方法もある)

●その目的地を決めるとき、「調和」つまり、生きとし生けるものがエネルギーの等価交換をしながらバランスを作り出していくことが究極の目的地かもしれません。あるいは、その調和のための役目を自分がすること。。
ダウジングをディバイニング Diviningと呼ぶことも多いのですが、
(神の声を聴く、神の技)
神様は、自分はエネルギーは使わずに、自分に都合の良いたくさんのエネルギーを受け取ることに力を貸してくれないと思います。
では、逆に自分がエネルギーを使ったら、必ずそれに相当するエネルギーを受け取れるか?
そう思えないようなことも少なくなく、大局的なバランスの技を私たちは理解できませんので、人事を尽くして天命を待つ、ということになるのでしょうか。
しかしながら、ブロックをかけなければ、私たちはその調和の流れの中に身を任せることができるでしょう。

●ダウジングは二種類

ダウジングは二種類あります。

1)メンタルダウジング
2)ラディエスセシア

とくに2)のほうは、フレンチフィジカルラディエスセシア、あるいは、フィジカルラディエスセシアという表現方法でその意味や意図を明確にします。

1)はマインドパワー、メンタルパワーを使い、それをわかりやすくするため、あるいはプロテクション力を上げるためにダウジングツールを使います。
2)はその言葉の意味は、繊細なエネルギーを感じ取る力、という意味で、フランスにおけるダウジングに相当する言葉ですが、フィジカルラディエスセシアという場合、より科学的合理的な手法での正確なエネルギーの計測、あるいは、そのエネルギーの利用法にまで拡大した考え方を思案す。それは、エナジーダウジングであり、さらには、バイオジオメトリーの分野です。

メンタルダウジングにおいては、マインドパワーを使えば何でもできる
と言えますが、人の心はとかく乱れやすい、そして、乱れるとダウジングも乱れる
しかし、乱れていることすら気が付かない。
そのため、メンタルダウザーたちはそれを防止し、ダウジング精度をあげるためにトレーニングをします。乱れを起こすものは、「ノイズ」といいますが、そのノイズの除去方法を常に探求するのがメンタルダウザーの役目でもあります。
メンタルダウジングの利点は意識次第で何でもできること
短所は心の状態が乱れれば途端に結果に狂いが生じること。
そのため、メンタルダウザーたちは、独自の「プロトコル(ダウジング手順マニュアル)」を持ちます。
そのダウジングプロトコルをもっともよく整理したといわれるのが、スーザン・コリンズです。
そのダウジング業界でベストセラーとなっている代表的な著書、「ダウジングプロトコル 成功をもたらす11のステップ」にそのすべてが記されています。
簡単に言えば、May I? Can I? Should I?とたずねてからやるものプロトコルで多くのダウザーがこれを採用しています。スーザンは、その答えがYESになるための方法論を11のステップに組み込んでいることが画期的だったわけです。

フィジカルラディエスセシアでは、自然科学的法則を駆使します。
形、色、比率、角度、音、動き、それらはすべてその固有のエネルギーを放ちます。
それらすべての応用例をいっぺんに示すのは大変ですので、代表的な例を示すと
一般てよくイメージしやすいのは、ピラミッドパワーです。
ピラミッドの形が神秘のエネルギーを放つと信じられています。
「特定の形がその形状に応じて固有のエネルギーを放つ」

なぜエジプト?
皆さんは不思議に思うでしょう。
実は、近代ダウジングは1900年前半にフランスダウザーがエジプトの自然形状エネルギー学を研究してそれをダウジングに応用してエネルギーバランスにまで這ってなせたことにその歴史の発端があるのです。
そのため、フレンチラディエスセシアという場合は、そこで発明されたメソッドに基づくということを言っているわけです。アベ・マーメット、べリザル、シャメリー、エネル、モレルそういったダウザーがとても有名です。

この分野のことを簡単に説明することはできませんが、
エナジーダウジングにおける三大ペンデュラムを見ていくとそれがわかってきます。

イシスペンデュラム=ジェドコラムの形状がバランスを作り出すのでヒーリングに適する

カルナックペンデュラム=ヘミスフィアのキャリッジウエーブにより、探知するダウジングに適する

オシリスペンデュラム=ネガティブグリーンのピラミッドパワーエネルギーにより
               高度なヒーリングやスピリチュアルなダウジングが可能

※イシスペンデュラムとオシリスペンデュラムは製品に詳しい取扱説明書が付いています。


つまりダウジングは
心の状態エネルギーの状態を適正化し意図を明確にするダウジングプロトコルをつかった
メンタルダウジングと、特定のエネルギーを放つ形状エネルギーを利用したフィジカルラディエスセシアの複合であるといえるのです。

それが、日本のダウジングに興味のある皆さんの

「知られざるダウジングの世界」

なのです!

それらの詳しい情報は、無料配布をしているダウジング.jp通信に詳しく記載されています。

ご参照ください。

【オススメ】

①ダウジング.jp通信 特別編集号 「“選択”からヒーリングへ〜ダウジングの歴史と現在地〜」 

ダウジングヒーリングについての記述が満載です。

②ダウジング.jp通信 Vol. 9 「プロフェッショナルダウザー スーザン・コリンズ ダウジングとの出会い」

スーザン・コリンズがどのようにダウジングと出会い彼女の重篤な病を克服したかが記載され記載されています。
また、ダウジングチャートの使用方法もあります。

また、ウエブ上ではスーザンのインタビュー記事が記載されています。

ダウジング.jp通信 Vol. 7「グラム・ガードナーに聞く ダウジングの全て」 全16ページ総力版

アースエナジーダウジングを得意とする元英吉利ダウザー協会会長 グラム・ガードナーの記事です。Lロッドの使い方、キャメロンオーラメーターの説明記事も充実
そして、バイオジオメトリーの創始者 イブラヒム・カリム博士のラジオインタビュー記事は非常に有意義な内容です。現代のダウザーが何をすべきかが明確に示唆されています。


●そして当日は、ペンデュラムの基本的な使い方をご指導させていただき、
みんなで、フランスパリのメダイユ協会の「奇跡のメダイユ(ペンダント)」を探す練習をしました。

成績は優秀でいつもよりたくさんの方がコップの裏に隠されたペンダントを当てました。
当てたからには、そのメダイユペンダントをプレゼントさせていただきました。

そのような流れのイベントでした。


1月には、エナジーダウジングの講座も予定しております。
さらに、詳しく勉強されたい方は、こちらにいらっしゃってください。

●東京会場

●静岡会場




●なお、イベント会場での様子の写真はフェイスブックページにありますので良ければご覧ください。

https://www.facebook.com/210225809083037/photos/?tab=album&album_id=1018504961588447
2016年11月14日
何がしたいか?

と言われたら、歩くことが一番したいかもしれない。

歩いているといろんなことを思い出したり気づく。

歩いていないと見えない風景もある。

ありきたりの場所も歩いてみると単に新鮮になる。

ティオがしたいことと、僕がしたいことが同じなんて。。

ただ違うのは、ぼくは、電信柱におしっこかけたり、そとでうんこしたりしない。

でも、彼のように、いろんな匂いや空気や雰囲気を感じながら歩いているかもしれない。

2016年11月08日
スーザンというダウザーの魅力

皆の心にとても響いたとてもよいワークショップだったと思います。

お力添えありがとうございました。


スーザンにとっては特別な時だったのに

良いワークショップをしてくださいました。

感謝します。

2016年04月05日
うちの講座は、みんながイメージするダウジング講座と違うかもしれない。

そして、

プロダウザーがやっているダウジングは、日本の皆さんがイメージするものと違うと思う。


2016年03月08日
とってつけたような美辞麗句を並べ
物事の核心を述べず、YESでもなくNOでもないあいまいは言葉で
とにかくもめないようにするのは、、、好きじゃない。。

でも、かといって、四六時中批判ばかりしたり
不安を語ってばかりいるのもまっぴらごめんだ。

でも、

ありのままでいようとしていると、ありのままになって、

ありのままの過程は、そりゃ、痛みや響きも起こるかもしれないけど

だんだんと良くなっていく感じがする。


2016年02月26日
心ある人は、本当の成功を必ず手に入れると思う。

だから、それはそれでいいと思う。

だけど、心ある人が本当の成功を手にしながら、、

「いわゆるわかりやすい成功」も手に入れると

それは社会のためになるんだと思う。

それを見ると、あ、心あるあの人は正しいんだ、あんなふうにしたいなんて

人が思うからだ。

で、いわゆる見た目わかりやすい成功を手にして、彼の本当の成功のことに気が付く。。

そういったプロセスのアプローチだってあってもいいんじゃないかな?

なんておもう。
2016年02月23日
やっぱり、人によってあるものとないものがあると思う。

強いものと弱いものもある。

でも、あなたが今日そこにいるのは、何かの意味があり役目がある。

だから、きっと神様があなたをそこに置いたのだと思う。

自分の持つもの、できること、それを自分のタイミングでやること、

これしかないと思う。

人を見ると羨ましく思ったりするけど、それを持ってみたら思ったよりよくなかったりするから、気にすることはない。

どうせ、所有の概念は幻想。名誉も墓に向かってたたえてもらうより、生きているうちにたくさんありがとう言われたい。

でしょ?

2016年02月21日
ちょっと、違うかな、ってのは、何も思わず、

すっとね、やりすごすのがいい。

これはすごい可能性がある、素質があるっときは
必死に対するのがいい
2016年02月17日
イライラしたり、怒ったり、悲しんだり、くよくよ考えたり

本当の人生の危機には、そうそうそんな余裕はないかもしれません。

ただ、そういったことはとても苦になります。

怒りという感情にいったんとらわれるととても大変です。

~は常識外れだ、筋が通ってない、話が違う、ひどすぎる、

あんな言い方することないじゃにか、、どう考えたっておかしいだろ?

いろいろ思うとかえって怒りに油を注ぎさらに爆発して、もう、止めることなどできず

しまいにはその怒りは自分すら傷つけ始める。


どうこうその感情や行為に意見をすることはわたしごときの人間はできないと思います。

ただ、一つだけ今日言いたいのは、

相手の言葉が相手の気持ちのすべてを表しているわけではないこと
または、思ってもいないことが言葉になっているだけかもしれません。


本当はうれしい、ありがたいと思っているのに、文句を言っているような言い回しになったり、、照れ隠しだったり、、まぁ、、いろいろ。

でも、その人の言葉の意味を決めるのはあなたで、あなたがこういう意味なんだ、こういう意味だけなんだと力を加えるとそれが現実になっていくわけです。


どんな意味かと考えたり、良い意味付けを与えることもない、ただ、そこにある言葉それを静かに眺め、自分の本当の想いを自分の言葉にし、ただそれを行うというのもよい方法かもしれません。
2016年02月17日
世の中なんてこんなもんだ、って思うことはあるけど

結局自分がちょうど縁のあるゾーンの中の話に過ぎないっていうのはあると思う。

ちょっと、隣のゾーンに顔を出すと全然違う雰囲気で考え方が違う人たちが
たくさんいたりする。


だから、うわ、こんな素晴らしい場があるんだね、ってのもあるし、
うわ、自分はこんなに恵まれているんだね、って気が付いたりもあると思う。
2016年02月16日
太陽をたくさん浴びて歩いてみよう!

大概のことはそれで解決に向かっていくから。
2016年02月15日
いろんな見方や考え方やマニュアルがあるんだろうし

何が幸せか?どうしたらいいのか?聞いたら100万通りくらいの正しい答えがあるんだろうけど、

自分が思うそれでいいと思う。そのままでいいと思うよ。

そうじゃなきゃ、もう、自分は自分じゃない。そうなれば意味がない。

意味があるのは、あなたのそのまま。
2016年02月08日
昨日はエレマリアさんと宮崎ますみさんのトークショーに伺いました。

天使と女神のスピリチュアルリーダーが静岡県浜松市にお二人そろって来ていただけるという豪華なイベントでした。天使や女神のことをふと考える機会にもなりました。そして、お決まりの、お花を頭にかぶせると天使スイッチON(!)というプログラムがあるみたいですね。。(笑)

 さて、私は天使を信じるというか、天使の話をするタイプではありませんでした。ただ、ひそかにちょっと、有名な専門家に学びに行ったりしていたりしました。とはいっても、三次元の存在との付き合いが中心であり、時にそっと守護してくれる存在に感謝しながら、また、彼らからのメッセージは必要な時に必要な形で授かればそれでいいかた強く繋がりをいつもいつも念じることはない、というような考え方でさらっとしていました。

 昨年来日した元英国ダウザー協会会長、ジオマンサーのグラム・ガードナーは常に天使やスピリットと対話しています。ジオパシックストレスの対策に天地の力を借りた逸話は、ビオマガジンアネモネの彼の特集記事で披露されているとおりです。
カナダのスーザン・コリンズはさらに普通に天使と話します。逆にあらゆる存在と瞬時に繋がる能力がありそれにむしろ苦しんだが、正しい理解とコントロール法を知ることで、健康と幸福を手に入れ今はそれを教える立場になっています。

 さて、海外のプロダウザーたちの世界の、あまりにも普通の常識は、ほとんどの人が守護する天使やスピリット、神との適切なつながりを作ったうえでダウジングをしていきます。さらっと、普通のことです。

 どんな感じか、少しご紹介します。こんな風に語りかけます。
最良で最善、そして、すべての生きとし生けるものの幸福と調和のために、私は私を守護する天使やスピリットチームと適切につながることを願います。
そして、May I? Can I? Should I? というように語りかけ、許しを得たり、自分の能力、その必要があるか?何大切なことを忘れていないか?聞きながらダウジングを進めていきます。ダウザーたちの脳波の状態は、そういったルーティーンを経ると、高いスピリチャルな状態になるため、ペンデュラム以外からも、そういった聖なる存在からいろいろなメッセージを得ていくのです。じつは、必要な具体的な天使と繋がるための詳細なダイヤル構造まで持つ、エンジェルヒーリング専用のペンデュラムもあるんですよ。なんという名前の天使にどのようなレベルの癒しを受けるべきか、なんて言うことがはっきりとわかるペンデュラムなんです。天使専用ペンデュラム、興味ありますか?まぁ、ほんとそんなくらいなんですね。。ダウジングをしたらダウジングエネルギーは、ディスコネクトするのですが、天使たちとは繋がりを保持していくことが多いです。こういった、天使と繋がるダウジングを繰り返しやることで、よりそのつながり度合いがましていくということです。詳しくは、今度来日する、スーザンにでもおかませしますが。。

 というわけで、昨日、天使を信じていますか?という質問がエレマリアさんからありましたが、ダウジングの世界で、私たちを守護しサポートする存在を信じていないといえば、お前は、野蛮な獣か?人間じゃない。というくらい驚かれることだったりします(笑)

ちょっと、いつもと違う角度の記事でしたが、ご参考に~~。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 37 次のページ»