ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
ペンデュラム・ダウジングツール専門店 ニキルジェムズ®JAPAN 
 
ホームエナジーディバイスアトランティス・クロス/13.5【brass】
商品詳細

アトランティス・クロス/13.5【brass】[002-0272]

販売価格: 15,000円 (税別)
数量:
◆サイズ:約132mm×約100mm 
◆重量 :約87g


【アトランティス・クロス】

遙か古代の昔より、シンボルや幾何学図形や絵文字にパワーがあると
様々な人々により信じられてきました。
もちろん、それそのもののパワーのみならず、それらが作り出すエナジェティックバイブレーションにも。

そして、アトランティス、古い昔の伝説の大陸でもその考え方は存在していたといわれます。
アトランティス文明は力の誤った使い方により滅びてしまったといわれます。
そして、その秘められた英知のなかには他の国に伝わったものがあるといわれます。
アトランティス人はエジプトに「アトランティスクロス」を持ち込み、
そのジオメトリカルフォームの効果についての知識をエジプトに伝えたというのです。
「アトランティスクロス」は守護符やヒーリングの目的で使われました。

エジプト人は常に政治・支配的な力を欲しました。
エジプトの絵文字や寺院の装飾を見ると、エジプトの貴族たちが
本来二本足だった「アトランティスクロス」を一本足のアンクに変えてしまったことがわかります。

※注) ankh(アンク)=エジプト美術などに見られる上方に輪がついたT形十字
     生殖・長寿の象徴であり、生命のシンボルとされる

美術館に行くと様々な違った種類のアンクを見ることができます。
そのアンクは「アトランティスクロス」とは明らかに違うバイブレーションを持ちます。
アンクはパワーを作るために使われてきましたが、それはポジティブな使い方だけではありませんでした。
アンクはグリーンマイナス(ネガティブグリーン)の時として危険なエネルギーをベースとしていますが、
それに反して、二本足の「アトランティスクロス」はバランスされた黒と白のエネルギーを送り出します。
(グリーンマイナスは何らかのエネルギーを弱めるために使うエネルギーです)
「アトランティスクロス」もアンクもともに、トップ部はグリーンプラス(ポジティブグリーン)を、そして東の方向にバイオレット、西の方向に赤のエネルギーを振動させます。

「アトランティスクロス」は生命の象徴であり、男性性と女性性の統合、太陽と地球の関係を表します。
アンクに反して、「アトランティスクロス」はピュアなエネルギーでその機能を強めます。

「アトランティスクロス」をお守りとして使えば、
それは、人のエネルギーを強め同時に外的なエネルギーからパワフルに守ってくれます。
「アトランティスクロス」には極性があることに気がつかれると思います。
ペンデュラムによってどちらを表にして使えばいいかをチェックして使ってください。
そのままの状態で使っても、何かをカバーして使っても効果は全く同じです。
金・銀・ブラスの各素材で作られています。(当店では金製は在庫していませんが、お取り寄せが可能です。)

「アトランティスクロス」はエナジーペンデュラムとして使うこともできます。
小さいものはコードにつないで使います。
大きいものは中指と親指を使って持ちます。その輪は「アトランティスクロス」の輪と合わさり永遠のシンボルである八の字を作ることになります。
(サイズは長さ1.7cm〜20.5cmのものまでありますが、最も人気のあるサイズのみ当店では在庫しています)
女性は左手、そして男性は右手で使います。
サイズは大きいほどエネルギーが高いといわれます。
大きいサイズのものはエネルギー発生ディバイスとして使われ、
サトルエネルギーにバランシングとハーモナイジングの効果をもたらします。

「アトランティスクロス」を床に置いて使えば、ネガティブなサイキックエネルギーからのプロテクションに効果があります。
特にペンデュラムと併用して使うと効果が高いでしょう。
壁に吊るして使えばエネルギーを部屋に放つ効果がありますが、もちろんどちらを表にして使うかは、ペンデュラムでチェックしてください。
他にも職場に使ったり、ベッドの下に使ったり、ヒーリングに使うこともできます。

「アトランティスクロス」はあなたのエネルギーフィールドを強め、他人のエネルギーによるネガティブな影響から守ります。子供さんなどは自然に「アトランティスクロス」に強く興味を示し、この守護符を楽しんで身につけたりさえします。 

※表面に多少の傷、あるいはハンドメイドで鋳造した際の多少の気泡後やくぼみがある場合があります。エネルギー上の問題はありませんがその点ご留意のうえお買いもとめください。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)