ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
JSD 日本ダウジング協会(R)公式ショップ (ニキルジェムズJAPAN)
 
ホームキャメロンオーラメーターキャメロンオーラーメーター/アップグレード版 【プロモデル クロームカラー】 【日本ダウジング協会(R)認定公式モデル】
商品詳細

キャメロンオーラーメーター/アップグレード版 【プロモデル クロームカラー】 【日本ダウジング協会(R)認定公式モデル】[004-016]

販売価格: 37,800円 (税別)
数量:
キャメロンオーラーメーター/アップグレード版 【プロモデル クロームカラー】


〜ヴァーン L. キャメロン氏が開発したオリジナルのキャメロンオーラーメーターの機能を全て残し
独自の仕様改善により、さらに性能をアップさせ繊細なディテクティングを実現した【アップグレード版】です。
現在あるキャメロンオーラメーターの中で最も性能が良いと言われる入手困難な最新機種です。〜



○本体重さ:約115g

○寸法:横×縦:約27cm×約15cm

●付属品

・キャリーポーチ付き


●商品には詳しい使い方説明書がつきます(日本語)
※使用の際は先端のポイントを上に向けて使うのが基本です。


キャメロンオーラーメーターは、その名の通り、さまざまな種類のエネルギーの測定のためのダウジングツールです。
人のオーラを測定判断する、土地でのダウジング、マップダウジングに、、と
用途は広くあります。
人間のオーラについては、エネルギーの極性を見たり、流れを見たり
オーラーのホールを見つけてヒーリングをしたり、チャクラの回転やサイズの
測定ということになります。

〜キャメロンオーラメーターの原型は、1952年に開発されました。
22年に及ぶ開発期間の中で彼は100を超えるダウジングツールを研究しました。
そして、全ての機能をひとつに集合させたAll in One ダウジングツール開発されたのです。〜

ダウザーは通常複数のダウジングツールを持ち
それを状況に応じて使い分けるのですが、
このマルチダウジングロッドは、Lロッド Vロッドテンサーやボマー、そして各種のスイングロッド、もちろんペンデュラムの動作機能を実現することができるため、これ一つで多様的な使い方ができるというメリットがあります。

※ポイントを上に向けるほど繊細な感覚なダウジングに向くことがわかるでしょう。
  また、グリップの仕方によって感覚や使い方の違いも出ます。
  ただし、一旦ダウジングを始めたら手首をローテートしたり、グリップを変えたりしないようにしてください。

●開発者キャメロンについてはこちら>>

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
キャリッジポーチ付き

簡単に折り畳むことができ携帯が容易です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
マップダウジングを行うことができます。
その場合はポインターを下に向けて使います。

(画像をクリックすると大きく見られます)
【キャメロンオーラメーター 5つの使い方】

 キャメロンオーラメーターには、5つの使い方があります。すべてのダウジングツールの動きと、独自のしなやかで複雑な動きです。

(1) 左右の動き 
方向を示す時にこの使い方をします。また、少し傾けて使いエネルギーやオーラのエッジを繊細にディテクト︵探知︶するような使い方をすることも頻繁にあります。Lロッドと同じ左右の動きですが、スプリングがあるため、より繊細な動きをします。

(2) 上下の動き
Vロッドと同じように、上下の動きをします。その動きをシグナルとしてダウジングをします。深さ、広さ、速さなどの数量的なものを計測する時もこの動きを使っていきます。

(3) ボバーの動き
引き延ばして、ボバーのように使うことができます。

(4) ペンデュラムの動き
下に向けると、普通のペンデュラムのようにポイントを使ってダウジングができます。

(5) キャメロンオーラメーター独自の複雑な動き
ポイントを上向きにして、すべての動きを利用しながらしなやか&自在に使っていきます。アースエナジーや人のオーラ、ボルテックス︵エネルギーの回転︶、上下左右さまざまなエネルギーを計測するのに最も便利です。これが、キャメロンオーラメーターの機能を最大限に生かした使い方となります。この使い方をする時には、手のひらを横に向けたサイドグリップで握ります。ちょうど握手をする時に差し出す状態でグリップを握ってください。ほんの微細な動き
を指で感じたい時、あるいはキャメロンオーラメーターの動きを制限させたい時は、人差し指をコイルスプリングの根本に触れさせますが、通常はコイルスプリングには触れません。先端のポインターは角度を変えることができます。ポインターを立てるほどグリップを上に向けてバランスをとるようになります。ポインターを立てれば立てるほど、エネルギーを感じる感度が増すことになります。