ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
就寝時の電場の悪影響からあなたの健康を守ります。
 
ホームジオパシックストレス/電磁波 その他エネルギー改善 対策製品ADR 電場シールドマット ベッド用【M・L・XLサイズ】
商品詳細

ADR 電場シールドマット ベッド用【M・L・XLサイズ】[003-004]

販売価格: 14,800円 (税別)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
サイズ::
数量:
ADR マット ベッドサイズ

ADRマットは電場シールドマットです。
ADRテクノロジーにより睡眠中の害のある電場の影響からあなたの体を守ります。


【サイズ】
90cm×200cm



※電場の影響の比較 ●左・・・ADRマット未使用 ●右・・・ADRマット使用時 


 私たちはその日々の生活で常に電磁波フィールドにさらされています。有害な電磁波は全ての電気ケーブル、そして電気機器から発せられ、電気機器はスイッチがOFFの状態でさえその電磁波を放ちます。電磁波は目で見ることはできませんが、その電磁波領域内あるいはその外側の直近にいることで健康に害のある影響を及ぼします。

日本は電磁波が一番強い国

 日本は電気の使用量が増え、家電製品が多く部屋が狭く屋内配線との距離が近くなっています。また、欧米との違い日本人は靴を脱いで上がり、床の上でくつろぎ、布団を床の上に引いて寝る方も多いです。さらに問題なのは、世界的には200Vが主流なのに対して、日本は100Vのため例えば、1000Wの消費電力の家電を使用した場合、200Vの場合は5Aですが、100V場合は10A必要となり、日本の磁場は2倍となります。さらに、日本は100Vの家庭電源に全くアースをしませんので電場が帯電してしまいます。(国際的には安全のためアースをするのが普通で、日本のようにアースをしないのは非常に稀です。)そのため、日本は世界でも最も電磁波が強い国ということになります。

一戸建ての方は注意!

 マンションでは電気ケーブル類は壁の中に配線されます。出来るだけ部屋を広く見せるため部屋の上下の空間を狭くするためです。しかしながら、一戸建ての場合は、1階と2階の間にたくさんの電気ケーブルが這いまわされます。一戸建ての場合、二階で寝ることが多くなります。ということは、たくさんの電気ケーブルが作った電磁波領域の上に寝ることになります。人はその1/3を寝て過ごしますので、前述のようなケースは人生のほとんどを電磁波領域の中で過ごす、ということにもなりかねません。


●使い方

使い方は簡単です。
マットレス、あるいは布団の下に敷いて使ってください。




※ADRマットは耐久性があり、約5年ほどお使いいただけます。低温により手洗いすることもできますが、漬け置き洗いをすることは避けてください。


●賞の受賞

・ACHIEVEMENT AWARD “EUREKA 2000″ベルギー にて金賞を受賞
・Award of Excellence “INPEX 2001″ アメリカ にて金賞を受賞


●ADRマットの電場に対する効果実験

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
●電磁波汚染の拡大

 電気、電子、そしてコミュニケーション技術の急速な発展のため、私たちは有害な電磁波フィールドの中で生活することを余儀なくされています。毎日の家電の使用、インターネット、Wifi、携帯電話、衛星ナビゲーションシステム、あらゆる分野の電磁波を私たちは受け続けています。私たちが被ばくする電磁波のレベルは、130年前に比べると数百倍になっています。
(画像をクリックすると大きく見られます)
●優先順位

小さいお子さんは特に電磁波の悪影響を受けやすいので優先して対策をしてください。

●素材

ADRマットは低周波の電磁波汚染からのプロテクションをするように設計されていますが、一切の金属は使われていません。また、優良な素材を使っているためアレルギーの原因となるようなものも含まれていません。もちろん、電気も使われていませんし、アースを取る必要もありません。ただ、ベッドの下に敷くだけです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
●就寝時の環境の適正化
 
 ADRマットは人に悪影響を及ぼす電場領域に使用します。実は就寝中の環境をまず第一に改善すべきです。人は寝ている間に免疫システムや健康にかかわるシステムを適正化しているからです。就寝時に電磁波の影響を受けることはそのため最も危険なことだと考えられています。
 電磁波領域で就寝をしていると、睡眠不良、慢性疲労、気分がすぐれない、頭痛、神経システムの阻害などが症状として表れやすいです。