ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
JSD 日本ダウジング協会(R)公式ショップ (ニキルジェムズJAPAN)
 
ホームニキルジェムズ認定ワークショップ&書籍・DVD・カード2018年4月15日(日) 【静岡】 1DAYハンドセラピスト認定講座 〜池田明子校長の直接指導〜
商品詳細

2018年4月15日(日) 【静岡】 1DAYハンドセラピスト認定講座 〜池田明子校長の直接指導〜[hand]

販売価格: 20,500円 (税別)
数量:
1DAYハンドセラピスト認定講座

池田明子校長の直接指導 静岡初開催


【講座内容】

●定員; 24名

●日時: 2018年4月15日(日) 10:00〜17:00(0休〜1憩8:10H0含む)

●講師: 池田明子、友田優子


一日、理論3時間&実技3 時間≒6時間という短時間で習得でき、誰でも
その日からすぐに行えます。実技ではハーブの多様な成分が含まれた浸出
油(ハーブオイル)を使用します。基礎はしっかりと、さらに意識とこころ
を重視した「気持ちよさ」を共有できるスキルもお伝えします。修了者には
認定証を授与します。

<座学>
◎今なぜハンドケアなのか?
◎ハンドケアが必要な時代の背景
◎フィトセラピー(植物療法)とハンドケア
・ハンドケアに使用する ・ハーブオイルの作り方など
◎生理的アプローチ
・構造・感覚など
◎心理的アプローチ
・ふれあいの心理効果等
◎その他
・マナー、心がけ
・ハンドケアを行う上での注意事項
<実践>
*ハンドケア実習

●受講料: 20,500 円(税別)
        タオル・ハーブオイル
        DVD付書籍が付いています

●会場: デザインオフィス創造舎3F
       静岡県静岡市葵区人宿町2 丁目6 -10
       http://sozosya.co.jp/


今、なぜハンドケアなのか?


「医療や介護に役立つスキルが欲しい」
「家族やパートナーのココロとカラダを癒やしたい」
しっかり役立つスキルをお伝えします。

ハンドケアはフィトセラピー(植物療法)の力を使い、最もシンプルに人のココロとカラダを癒すことのできるテク
ニックです。全身ケアに比べ、手軽にケアができるのが特徴です。全身トリートメントを受けることのできない不
調和がある方や、苦手な方にもとても喜ばれ、医療や介護の現場でも需要が高まっています。

血液循環が促されることでの脳の活性化、冷えや肩こりの改善はもちろん、手と手が触れ合うスキンシップとして、
「愛情ホルモン」「幸せホルモン」などと呼ばれるオキシトシンの分泌を高める効果が期待できます。

そのハンドケアのスキルで、人に癒やしや回復を与えられるのがハンドケアセラピストです。医療や介護に役立つ
スキルが欲しい。家族やパートナーのココロとカラダを癒やしたい。友人を励まし力になりたい。そんな思いを、
ハンドケアセラピストになって叶えてみませんか。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
【池田明子プロフィール】

植物療法士/フィトセラピスト
ソフィアフィトセラピーカレッジ校長
https://www.sophia-college.jp/
西九州大学客員教授
一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事
一般社団法人日本ハンドケア協会代表理事
植生工学士

臨床検査技師として病院勤務の経験から、伝統医学に興味を持
ち、その後ハーブやアロマなどフィトセラピー(植物療法)を学ぶ。
2006 年東京・自由が丘にて「植物療法士/フィトセラピスト」と「ハ
ンドケアセラピスト」の養成校を設立。全国各地でフィトセラピーやハ
ンドケアの講座を主催。

近年は大学や専門学校などとコラボして、認知症予防や介護分野での
有効活用の普及をしている。著書に「ズボラ大人女子の週末セルフケ
ア大全」(大和書房)、「熟年離婚したくなければズボラ婚」(双葉社)、
「アロマセラピー使いこなし辞典」(世界文化社)など多数。
夫は俳優の梅沢富美男、2女の母。
(画像をクリックすると大きく見られます)
深い知識、技術を習得

オイルやタオルを揃えなくても大丈夫。
お持ち帰り用のハンドケアグッズには、オリジナルのハンドタオルとラベンダーの浸出油(ハーブを漬け込んだオイル)をご用意しました。

精油が入っていないので、赤ちゃんやお肌の弱い方にも安心して使えるオイルです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
【体験談】


「新たな出会いが広がっています。」

ハンドケアを通して新たな出会いが広がっています。カレッジでフィトセラピーを学んでいた頃、「ハンドケアセラピスト」という意味もわからないまま、軽い気持ちで講座を申し込みました。キャンセル待ちもでるほどの講座です。当日は関東だけでなく全国からも「ハンドケアを学びたい」という熱い想いを持った受講生が集まっていることに正直驚きました。初めは緊張でガチガチの実習でしたが、何度も実践していく中で、手の温かさや心地よさを実感でき、触れ合うことでココロも和むことを体感しました。また、実習をしながら講座受講理由をお互いに伝え合う中で、多くの価値観にも出合えました。現在では、この「最もシンプルで癒やしの技」を多くの方に知って頂きたいと思い、お伝えする活動に力を入れています。硬い空気が笑顔あふれる空間に変わるのを目の当たりにすると、ハンドケアってすごい!と思わずにはいられません。

櫻井律子さん(キャリアカウンセラー)


「今では生活の一部となっています。」

数年前ペットを亡くし落ち込んでいた私に、手を差し伸べてくれた人がいました。1本の精油とディフューザーを添えて…。 誘われるように焚いてみたら心地よさに包まれ、温かな気持ちになりました。アロマが脳に与える心理効果は知っていたのですが、“肌の触れあい”に興味を惹かれたのが、ハンドケアとの出会いです。スクールでは、技術、フィトセラピーの基本、生理的・心理的アプローチまで分かりやすく教えていただき本当に楽しかったです。何よりお教室の雰囲気とヒノキの香りに癒されました。ここで得た知識は一生のものであり、私がしてもらったように、誰かに手を差し伸べられるツールの一つにもなりました。不思議なことにハンドケアをすることで相手の方も自分自身も癒され、笑顔になるのです。今では私の生活の一部となっています。

益子真理さん (自営業)


「ご家族様との会話が増えました。」

介護施設で働いていている中で、ご利用者様に何かしてあげたいなと思ったのがきっかけで、ソフィアのハンドケアに出会いました。ご利用者様とのコミュニケーション、ご利用者様やご家族様・働いている職員・自分の家族にリラクゼーションとして役立たせいと思いました。 実際にハンドケアを学び、施設のご利用者様に行って、とても喜んで頂けました。又、ご家族様と一緒にマッサージをすることで、そのご家族様との会話が増えたりしました。 最近ではハンドケアに興味をもって頂ける人が増えて、ハンドケアをしていく取り組みができました。今ではボランティアでもハンドケアをする機会が増えています。

武岡忠久さん (介護施設勤務)