ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
JSD 日本ダウジング協会(R)公式ショップ (ニキルジェムズJAPAN)
 
ホームダウジングロッドイギリス製 Vロッド
商品詳細

イギリス製 Vロッド[004-006]

販売価格: 8,500円 (税別)
数量:
イギリス製 Vロッド

※色は、黒、エンジ、赤、黄色、緑、青、オレンジなどのさまざまな色のアソート
(色を指定することはできません)

全長:約45cm

一般的に人が最初に使ったダウジングツールは
「Y」ロッドであったと考えられています。
木の枝を切断してY字を作り、それをつかってダウジングをしたわけです。
現代では、金属製の性能をアップさせた「Vロッド」を使います。

最初のダウジングツールがこれであったことは
ある意味ダウジングの本質を示しています。
よく、「ピンとくる」「ハッと気がつく」などといういい方をしますが、
何かにつながった時電気が流れたように衝撃的な感覚を得ます。
その感覚をより正確にキャッチしようとして作られたのがVロッド(Yロッド)なのです。

この衝撃的な潜在意識からのメッセージ、直感 Intuitionは
あらゆるダウジングテクニックの本質とも言えるでしょう。

先端部のキャップが取れるようになっています。
重さを調節するために使ったり、キャップ内部にウィットネスを入れる使い方もできます。


〜使い方〜

まず、ロッド先端を下向きにして、親指側を上にしてグリップを握ります。
そして、外側に向けて絞りながらテンションを高めてつつ、
Vロッドを広げながら先端を起こします。
バランスの取れた位置が「サーチポジション」です。
バネのようにテンションを聞かせることでより繊細なアクションが期待できます。

何かの探し物をしているのであればそのポイントに来れば先端が飛び上がることになります。そうやって、水脈や鉱脈を以前は探したわけです。
もちろん、Yes-Noアクションにも使えます。Yesの時は飛び上がると意図設定したうえで質問をします。これはとても興味深いことで、かつて日本のある有名な療法家は、
どうにも判断に困るときは、心を鎮め合掌をして構え、心の中で質問をしたそうです。
手が自然に伸びたときはYes、Noの時は一切手が動かない、ということで判断したそうです。ただ、手や棒とちがい、ローテーションできるグリップをもち、スプリングテンションをかけてVロッドは使うので、セットの仕方によっては、ほんとうにわずかな信号すらキャッチできるわけです。そのため、サーチングによくつかわれます。
LロッドとVロッドの療法を使い分けるダウザーも多いのはこれが理由です。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
先端部がキャップ方式で取れるようになっています。
先端の空間にウィットネスを入れてサーチングをすることができます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)