ペンデュラム(ダウジング)・クリスタルヒーリングツール専門メーカー
JSD 日本ダウジング協会(R)公式ショップ
 
ホーム | ファセット付マッサージワンド > 【トルマリンinクオーツ】マッサージワンド ロングサイズマッサージワンド【トルマリンinクオーツ】
商品詳細

マッサージワンド【トルマリンinクオーツ】[TQ-002]

販売価格: 5,800円 (税別)
数量:
一点ものです。写真の商品がお手元に届きます。

◆サイズ

重さ:約92g  長さ:約112mm 最も太い部分外径:約23mmφ


※この商品をお買い上げのお客様には【ヒーリングワンドの使い方説明書】がつきます。
  ぜひ、ご参考にされて有効にお使いいただければと思います。




この説明書は、主にエネルギーワーク・ライトワークにおけるワンドの使い方が記述されています。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
様々なエネルギーワークや、チャクラバランシング、さらには、場の浄化やエナジャイズ、クリスタルヒーリング時にクライアントにレイアウトする、チャネリングの技法、瞑想ワーク・・まさにいろいろな使い道があります。
ボディワークにおいては、ポイント側を経絡点につかったり、ラウンド側を筋肉に対し、圧をかけゆるめていくいわばマッサージの使い方もできます。筋肉を操作することは骨格を操作し血流をただすことになります。それはエネルギーや心をただすことに繋がります。

ただし、筋肉や経穴点にアプローチする場合は
十分な経絡・筋肉・骨格の知識を持って行うようにしてください。

鍼灸や整体などのボディワーカーが使っている方法です。
十分、専門の方の指導のもと行ってください。

もし、そういった知識がない場合は、
無理をせず、いわゆる「万能ツボ」(難にでも効くツボ)・・・百会、腕三里、肩井のような場所にアプローチするとよいと思います。

肩井はなんのことはない、首と肩(三角筋)の間、の盛り上がった場所の真ん中、マッサージ棒を押す普通の場所です。
押して気持ち良いのですぐわかります。

ここへアプローチするのは変哲もないようですが、首の血流をただしそれは頭部の血流に繋がります。肩甲骨周りに間接的に効果が出るので、上半身への効果、そして、肩がうまく回るということは股関節の動きにつながります。
●エネルギーワークの方法についてはいろいろ知識のある方も多いと思います。ご自身の持っている技術でお使いになると良いと思います。

ひとつ、マッサージとエネルギーワークの中間的な使い方をご紹介します。

エネルギーの滞りのある部分をラウンド側でさすっていきます。
(体の外側に向かってこする)
流れで捉え、エネルギーが引っ掛かる場所までさすり、また、繰り返す。
その突っかかりがなくなればさらに先までさする、、この繰り返しで
体の外に滞りを逃がしていきます。
このときに、意識を使ってエネルギーを動かそうとしないのがコツです。意識を使うとは、自身のインナーエナジーの可決やエネルギーアタックの危険があるだけでなく、一時的な効果があっても最終的には効果がマイナスになる場合すらあるからです。

リラックスし、流れに任せ、あくまでもクライアントさんのエネルギーの流れやリズムにそっていくのです。

どのような使い方をする場合でも共通したルール。
ぜひ、楽しみながら使ってください。それが最も効果を引き出す方法です。エネルギーの動きを淡々と眺めているのは、小川の流れを眺めるがごとく心地よく楽しいものです。