JSD日本ダウジング協会オフィシャルショップ
プロテクションとヒーリングの両面の効果を併せ持つ唯一のペンデュラム
 
ホーム | ☆ミ エナジーペンデュラム > エナジーペンデュラム【G.E.M.】インテグレイテッド・アトランティスペンデュラム
商品詳細

【G.E.M.】インテグレイテッド・アトランティスペンデュラム[002-131]

販売価格: 17,100円(税別)
(税込: 18,810円)
数量:


インテグレイテッド・アトランティスペンデュラム

サイズ:長さ 約41.5mm 幅 約11mm
重さ:約21g
※コード紐が付属されます。



〜 ベリザルが魅了された知られざる至高のバランスエネルギー 〜

かの有名なフランスのラディエスセシスト(ダウザー)である、アンドレ・デ・ベリザルの多くの研究は伝えられ、それが現代のダウジングに大きく影響を及ぼしています。しかしながら、彼が、ルクソールで発見された特殊な神秘図形に高い熱量をもって研究し、それを応用した器具までも作っていたことはあまり一般には知られていません。それは1860年にエーグレン侯爵がエジプトの王家の谷で少なくとも5000年前に作られた古い黒がかった砂岩でできた特殊な指輪を発見したことに始まります。その指輪、ルクソールリングは後にアトランティスリングと呼ばれるようになります。そこに施された模様はエジプト特有の象形文字とは全く趣を異なる、三角形と四角形の組み合わせの古代エジプトの物とは到底思えないシンプルな未来的な幾何学図形でした。

1965年、アンドレ・デ・ベリザルとP. A. モレルは、その形状の持つエネルギーの着目して研究を行い、その一端が著書『Physique micro-vibratoire et forces invisibles』の中で紹介されています。アトランティスリングのデザインを水平面に平らにバー状したものを400度に分割した方向を自由に動くようにした「アジャスタブル・ルクソール」と名付けられたものの説明があります。フランスのダウジングにおいては現代でもそうですが、テルリックエネルギー・コスモエネルギーという二つのエネルギーを見てエネルギーバランスをしていく方法論が定着していますが、天と地のエネルギーをバランス化して生物にとって理想的なエネルギーに場所を変換しエナジャイズする力がそのアトランティス図形にあること、そして、さらにはその場に最適な向きにすることでその効果が向上することが記載されています。



そのアトランティスバーの形状をペンデュラムに施す、あるいはアトランティス図形をペンデュラムに彫刻するという形でダウジングヒーリングにその効果を与える方法があります。しかしそれをさらに効果的にする方法があります。それはこのアトランティス図形を立体化し、ペンデュラムそのものを立体的なアトランティス図形にする方法です。それがこの「シンセティック・アトランティスペンデュラム」です。それによりエネルギーを全方向的に放つことができ、ダウジングヒーリング特有のペンデュラムの動きを使い相乗効果を出すことができるのです。また、ペンダントとして胸につけることで理想的なプロテクション効果を得ることができます。


〜 プロテクションとヒーリングの能力を併せ持つ唯一のペンデュラム 〜


【特徴】

1)プロテクションとヒーリングの両方の力を持つ
2)統合色のホワイトカラーを含むすべてのスペクトラムのゴールドカラーを放つ
3)どのようなコンディションの方にも最適なヒーリングエネルギー
4)高いバイブレーションのヒーリングエネルギーによりバランスを作る
5)ハイヤーセルフや高次の存在とのコネクション
6)テレパシーの能力の開発を助ける
7)イシス系エナジーペンデュラムと組み合わせることで完全なトリートメントを実現


【使用方法】

・通常のダウジングの他、マップダウジング・遠隔ダウジングにも効果
・ダウジングヒーリング・エネルギーバランスに
・ペンダントとして胸につけることでプロテクションとヒーリング効果


★関連ダウジング記事はこちらにあります。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
このアトランティス形状のリングは「ハワード・カーターリング」の別名を持ちます。

ツタンカーメンの墓を発見したハワード・カーターは、1922年に墓を開けたとき、タリスマン(お守り)を身につけていて、それが自分を守ってくれたため、ファラオの呪いから逃れた唯一の生存者になったと人々に話していました。そのタリスマンは、あらゆる有害な影響から自分を守ってくれるというのです。1940年の彼の死後、彼の個人的な資料が分析された結果、このタリスマンが当時呼ばれていた「ルクソールの指輪」、現在は「アトランティスリング」として知られているものであることが判明したのです。
このアトランティスリングの図形は肉体的・物理的なプロテクション効果が高いことで知られています。
(画像をクリックすると大きく見られます)
1965年、André de BelizalとP. A. Morelは、その著書 Physique micro-vibratoire et forces invisiblesの中で、アトランティスリングのデザインを水平面に平らにしたもの作り、「アジャスタブル・ルクソール」と名付けました。その後、人々はこれをアトランティスバーと呼ぶようになりました。ダウザーであるAndré de BelizalとP. A. Morelは、この平らに拡大されたデザインにある種の特性があることを発見しました。アトランティスバーとなり、拡大されたデザインは、その地域のコスモ・テルリック・エネルギーを補い、バランスをとり、あるいは調和させることがわかりました。もしその場所が、ジオパシックストレスのようなネガティブなエネルギーがあり、不調和な状態を含むのであれば、そのエネルギーのバランスを取り、その場所を生物にとって再び健全な場所にするのです。



またこのような、木で作られた拡大された平らなアトランダム・バーを床に置き、磁気の南北軸に向きを合わせて使う方法も行っていました。ダウジングによって適切な位置や方向に調整をすることでより効果的に使うことができます。

さらにこの形状を3D立体化し、ペンデュラムにすることで、より効果的に自在にエネルギー調整ができるようになりました。エナジーペンデュラムとしてのエナジャイズテクニックを導入することでさらに相乗効果を出します。
(画像をクリックすると大きく見られます)
エナジーペンデュラム(R)保証書付

エナジーペンデュラムの正規品には、保証書がついております。
正しい素材と寸法バランスのオリジナル品のみが
エナジーペンデュラムとしての正しい機能を果たします。
※類似品にはご注意ください。

【G.E.M.】シリーズ
Genuine Energy Model
この製品は、金属成分をミルシートによってJIS規格に基づき管理された純度の高い金属素材を使っています。純度の高さは正しいバイブレーションを生みます。
日本国内の高精度NC切削機械により正確に作られた高い性能のエナジーペンデュラム(R)です。

※インテグレイテッド・アトランティスペンデュラムの加工上の特徴

他のG.E.M.シリーズと同様の機会で同様の管理をされていますが、このペンデュラムは平面部が多くあります。他の機種は円状、あるいはR面のため光の屈曲が分散しますが、平面部分は光の反射が一定のためほんのわずかな擦れ傷が光をかざすと見える箇所がある場合があります。これは、切削油を酸洗いするとき、削るときのチャンクするときのわずかな擦れによるものです。ただし、爪で擦っても凹凸が全くなく光にあてて特定の角度で見ない限りわからない、その程度のごくわずかの通常の状態ではわからないものです。もちろん性能には一切問題がありません。むしろ性能を良くするために行っていることです。つまり、こういったごくごくわずかなスクラッチを無くすには正確な寸法を犠牲にして曲面処理をしたり、表面を荒くしたり、メッキをかける方法がありますが、どれもエネルギーディバイスとしては性能を悪くするためのものですのでその方法は選択しませんでした。無垢材を丁寧に加工し、出来る限り各工程での衝撃摩擦を減らしています。実際見てもらいますと美しい、と感じると思います。真に意味でよいエネルギーディバイスを製造しようとしているのが趣旨です。念のため、詳しい情報を書かせていただきました。ご参考ください。